@enako Style

ときどき美味しいモノの話題と色々なネットゲームのプレイブログです。特にクローズドβテストが多いかも。

スポンサーサイト


Edit Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【FFXIV】第7回プロデューサーレターLIVE Q&A 後編


Edit Category FFXIV新生エオルゼア > プロデューサーレター Tagged  FFXIV新生エオルゼア 
FINAL FANTASY XIV 新生エオルゼア

5月30日に行われたプロデューサレターライヴでの新生FFXIVについてのQ&Aです。(後編)

原文はコチラ
第7回プロデューサーレターLIVE Q&A (2013/5/30)

Q:新しい髪型はどういったものが用意されているのか見せてほしいです。

A: (実機でお見せしました)なお、床屋については、パッチ2.1(と開発では呼んでいます)で実装予定で、髪型もどんどん足していく予定です。

2013060203.jpg

2013060214.jpg2013060207.jpg
男性キャラのセミロング編みこみロングヘア
2013060206.jpg2013060205.jpg
ララフェルの新ヘアスタイルマゲ
2013060204.jpg2013060208.jpg
個人的には剃り込みはよく分からないw無難なロングだけどなぜか編みこみ


男性ヘアのセミロングについてはイケメンクリエイトの始まり具合いが加速したかもしれないw

Q:正式サービス開始時に学者が実装される噂は本当ですか?

A:正式サービス開始時に学者をジョブとして実装を予定しています。学者に関する続報はE3をお待ちください。


Q:銃術士の新しい情報はありますか?

A:ないです! (まだ)


Q:白魔道士以外のヒーラーを追加する予定はありますか?

A:回復できるものはでてくるかもしれません。


Q:モンクで実際戦っているところを見たいです!

A:放送終了時にお土産を用意してありますので、そちらをご覧いただければわかるかなと思います!


Q:新生FFXIVのマテリアシステムについて、装備への装着はクラス問わず可能になりますか?

A:マテリアを装着できるクラスは、そのマテリアを付与したいアイテムを修理できるクラスです。


Q:将来的に1つのクラスで複数種の武器を装備できるようになりますか?

A:うーん…将来的に可能性が0とは言えないですが、(優先順位的に)ジョブやクラスを追加していく方がよいかなとは考えています。


Q:複数回攻撃を行える武器の実装は予定していますか?

A:多段ヒットする武器は考えていませんが、アビリティやスキルを利用することで再現することはできると思います。


Q:以前話していた型紙システムについて、コンテンツ開始の時期やどれぐらいの自由度になるのか教えてください。

A:2.2と呼んでいる2つめの大型のパッチで実装を予定しています。自由度については、黒魔道士がプレートをローブに見せるといったようなものはNGというような形です。


Q:染色は装備品のメインカラーのみ行えるのでしょうか?それともアクセントカラーも染めたりできますか?

A:染められる部位は決まっていますが、物によってその部位は異なります。


Q:魔法「ヘイスト」は実装されますか?もしくは「ヘイスト」に類似する他の手段は実装されますか?

A:特定のアビリティで速度を上げることが可能で、その他にはグローバルクールダウンが短縮される装備が存在したりします。


Q:弱点属性はいずれ実装する予定はありますか?また、そもそも弱点属性はなぜ廃止されたのか教えてほしい。

A:βフォーラムではかなりの長文で書かせていただきましたが、たとえばイフリートと戦うとき、弱点が氷だよねとした場合に、火属性を得意とするクラスやジョブが参加しづらくなることが考えられるため、コンテンツファインダーで気軽に参加できるようにしていることも踏まえると、好ましくないと考えて廃止にしました。簡単にいうとそういう理由です。


Q:アーマリーチェストを実機にて解説してほしい。

A: (実機をお見せしながら) 新生FFXIVでは、アーマリーというシステムで、1つのキャラクターでいろんなクラスやジョブを変更することができるため、多くの装備品を持ち歩く必要があり、所持品を圧迫してしまう状況が考えられます。また、これまでのテストにおいて、ギアセットをもっと使いやすくしてほしいというフィードバックをたくさん頂いたことも踏まえ、いろいろ検討した結果、皆さんが理想としている形にできたのではないかと思います。
装備品を入手した場合はすべてアーマリーチェストに入り、メインアーム25個、頭装備25個といったように各パーツごとに25個ずつアーマリーチェストに入れることができます。また、そこから装備したり修理したりすることができます。一発装備変更ができるギアセットについては、アーマリーチェストに入っているものであれば自由に選ぶことができるようになっており、ギアセットごとに装備品を所持していなければならないようなことはなくなりました。
2013060211.jpg


Q:超巨大モンスターのターゲットできる箇所が複数になることはありますか?

A:ベヒーモスには適用する予定ですが、一般的なF.A.T.E.では、そういったシステムはなるべく用意しないように考えています。


Q:フリーカンパニーのリーダーが、告知なしに引退したときなどの対策はあるのでしょうか?

A:サブリーダーに権利が移るなど、対策はバッチリ行っていますのでご安心ください。


Q:各種族や性別ごとの戦闘モーションや、走り方のモーションなどモーション関係の変更、修正はありますか?

A:走るモーションは違います。全てのクラスやジョブでモーションが異なると、実装にとても時間がかかってしまうことが懸念されるため、種族個体差はエモートなどのほかの部分で補うことを考えています。


Q:インスタンスダンジョンにおいて、リワードをNEEDする回数制限(週、回)があると聞きましたが、取れなかった場合でも回数を消費するのでしょうか?

A:回数制限はありませんが、報酬取得に対して何かしらの制限をすることは可能性があります。


Q:リミットブレイクにはどんな技がありますか?発動条件や攻撃範囲など詳細を教えてください。

A:攻撃範囲については、グランドターゲットと呼ばれる地面を指定して使用するものもあります。リミットブレイクの種類についてはE3のタイミングで発表いたしますので、ご期待ください。


Q:リミットブレイクについて、ゲージがフルになったときに、どのクラスで発動させるべきかといった戦術的なヒントは表示されますか?

A:それは攻略のひとつなので、皆さんで探すことも楽しみの一つとしてほしいと思います。


Q:プロデューサーレターLIVEは、正式サービス後も続きますか?

A:自分たちも楽しんでやらせていただいていますので、今後も続けていければと思っています。


Q:竜騎士の物理アタッカーとしての特徴や、同じ盾役であるナイトと戦士の違いなど、各ジョブの特徴を教えてください。

A:竜騎士については、すごくスタンダードな近接ダメージを出すアタッカーです。さらに、敵の後ろや横から攻撃することでボーナスがついたり、自分にバフがかかったりします。それらのボーナスを切らさずに連続でつないでいくとダメージがあがっていきます。
また、竜騎士といえばジャンプだと思いますが、新生FFXIVではさまざまなジャンプを用意しています。飛び上がって近づいていって、足払いしてスタンさせたりとか、背後から開始して途中からアビリティを使って速攻したりすることができます。

現在実機でお見せしているモンクについては、1個目のウェポンスキルを使うと型が決まって、その次に使えるウェポンスキルが決まります。さらに二の型、三の型といった形で繋いでいくことができます。型によってヘイストがかかり、クールダウンが短くなっていきますので、どんどん型を繋げていくことで広がっていきます。

このように同じ近接アタッカーでも特徴が違いますので、ナイトと戦士も含めて、クラス/ジョブそれぞれで特徴に違いがあります。

アビリティのクールダウンは別だそうです。


Q:吉Pは、「たけのこの里」派ですか?「きのこの山」派ですか?

A:きのこ派です。その理由は、笠のチョコとクッキー部分を2回に分けて食べられてお得感があるからです。


Q:βテストフェーズ3の開始日を教えてください。

A:今回のプロデューサーレターLIVEが木曜だったのでざわざわさせてしまったかもしれませんが、6月1日、2日は、スクウェア・エニックスが入居しているビルが法廷点検による停電なんです……。明日からかなーと思わせてしまったかもしれないのですが……、すいません!

よほどのクリティカルバグが無い限りは、ずばり6月14日から開始の予定です!

FINAL FANTASY XIV Job Actions

エフェクトは派手なのは好きな方です、戦闘も早いのは結構好きなので、見て楽しかった。
この動画見て思ったのは、旧版では槍はつまらなくてレベル10ちょっとしか確か上げてなかったのを、今度は絶対やろうと思った事。
黒魔はArcheAgeと、今やってるDragon's Prophet のソーサラーは結構詠唱早いのよね。
周りのMobの位置と自分の位置とスキルをどう繋いでいくか一瞬で考えるの好きなので、旧版からどのようになったのかフェーズ3が楽しみです。
スポンサーサイト
Community テーマ - FINAL FANTASY XIV  ジャンル - オンラインゲーム

【FFXIV】第7回プロデューサーレターLIVE Q&A 前編


Edit Category FFXIV新生エオルゼア > プロデューサーレター Tagged  FFXIV新生エオルゼア 
FINAL FANTASY XIV 新生エオルゼア

5月30日に行われたプロデューサレターライヴでの新生FFXIVについてのQ&Aです。
色々興味深い内容です。
動画とQ&Aをまとめたものは後日公開されるそうですが、とりあえずフォーラムにあったもの貼ってみました。

原文はコチラ
第7回プロデューサーレターLIVE Q&A速報 (2013/05/30)

Q:βテストフェーズ3は週末だけではなく、終日実施される予定ですか?

A:しばらくは週末のみでテストを実施しますが、βテストフェーズ3の後半には数日間続けてテストを実施する予定です。


Q:ハウジングについて、ハウジングゾーンが一杯になったら、即新しいインスタンスが自動で作成されますか?それともタイミングを見て手動で追加されるのですか?

A:サーバーを無駄なく使いたいので、利用状況を確認しながら、パッチをあてて増やしていきます。


Q:ハウジングでカウンターのあるお店を持つことは可能ですか?

A:はい、できます。オブジェクトは随時追加していきますので、リテイナーを利用したりするなどでお店っぽいこともできると思います。


Q:ハウジングで、バルコニーはないのでしょうか?

A:建物によりけりです。あるものもあれば、ないものもあります。


Q:発売日が発表されましたが、仮にβテストフェーズ3やフェーズ4でクリティカルバグに相当するものが発見され、発売までの修正が不可能となった場合、どのような対策を考えていますか?

A:もしもそのような状態になった場合、発売することは難しくなってしまうとは思いますが、そのようなことにならないように開発チーム一同力の限り開発しています。


Q:旧FFXIVからのデータ引継ぎについて、リンクシェル/フレンドリストは旧FFXIVで所持していたものがそのまま引き継がれますか?

A:リンクシェルについては、基本的には引き継がれますが、データセンターが2つになる関係でワールド移転を選択していただくため、その際にリンクシェルのマスターがワールド移転した場合は、解散されます。
フレンドリストについては、旧FFXIVではブックマークのような形でしたが、新生FFXIVでは承認制に仕様が変わっています。そのため、旧FFXIVで登録していたリストの方に対して、個別にあらためてフレンド申請を行い、相手から承認されるとフレンドリストへ登録されます。
(※5/31訂正)


Q:そろそろコンテンツファインダーを実機で見せてほしい。

A:コンテンツファインダーで参加できるダンジョンは、クエストをクリアすることでコンテンツファインダーのリストに登録されます。
また、自分のキャラクターレベルよりも下のレベルのダンジョンに参加する際は、レベルシンクが行われて、適正レベルで参加ができるようになっており、言語の切り替えや途中参加の設定なども行えます。
※ここでは実機の映像でコンテンツファインダーの解説を行いました。
2013060201.jpg
コンテンツ種別で討伐・封?戦ってみえるよーな

「攻略途中パーティへの参加チェックボックスで」途中から参加でも可のチェック項目があるらしい。
レベルシンク機能があるので、適性レベルより上のプレイヤーでも気軽に参加可能。
(レベルシンク機能というモノでそのコンテンツの適性レベルの上限に自動で引き下げられる。装備も着替える必要なくステータスが調整される)
これはFFXIの時にあった神仕様なので新生14でも使えるのは素晴らしい!
ランダムマッチ申請の方が報酬が良いらしい。



Q:新生Lodestoneはいつ頃オープン予定ですか?

A:βテストフェーズ3か、フェーズ3とフェーズ4の間にやるかといったところで、最終のチェック中です。


Q:コンテンツファインダーでは、複数のジョブを指定することはできるのでしょうか?

A:できないです。


Q:ジャンプは、コンテンツをクリアするために必要になったりしますか?

A:基本的にはありませんが、バトルコンテンツによってはジャンプが有利に働くこともあるかもしれません。
床が抜ける!?のはあるらしい?

Q:リテイナーのワールド間共有について、例えば1つのアカウントで同じワールドに3キャラクター作成した場合、リテイナーは6体ではなく2体を共有する形になるのでしょうか?

A:バッグの中身は空ですが、リテイナーは共有されます。


Q:ローンチ時に用意されるワールド名と、どのワールドが新規/レガシーワールドになるのかを教えてほしい。

A:旧FFIVで使用していた、レガシーと呼ばれるワールドはそのままの名前で使用します。また、ワールド名のあとにレガシーとつきます。新規のワールドについては、開発ブログでプロジェクトマネージャーMが発表したいとのことなので、開発ブログで公開します。


Q:通常の製作レシピの他に、クエストの報酬やアチーブメント、戦利品から入手するなどの製作レシピはありますか?

A:ローンチのタイミングでは存在しませんが、将来的には実装を検討しています。


Q:新デザインの耐熱装備の配布は予定していますか?

A:はい。(放送ではデザイン画をお見せしました)
2013060202.jpg


Q:少しでいいので、魔導アーマーやバディのチョコボと一緒に戦うシーンを見せてほしい。

A:バディにはスタンスと呼ばれるシステムが用意されており、設定したスタンスに沿った行動を自動でしてくれます。スタンスには攻撃を優先したり、、回復行動を優先するものなど様々なスタンスが存在しています。その他には、スキルツリー的なものが存在しており、ポイントを消費してバディのアビリティを獲得したりすることが出来ます。バディはβテストフェーズ3で最初から利用することができる予定です。


Q:チョコボをギサールの野菜で呼び出しましたが、消費アイテムですか?

A:はい、消費アイテムです。


Q:バディと巴術士のカーバンクルは同時に呼び出せますか?

A:はい、呼び出せます。


前半部分はコンテンツファインダーの説明が興味深かったです。
TERAのサーバー間マッチングシステム見たいなものをイメージしていたけれど、新生14のコンテンツファインダーは結構具体的で細かそうです。もともと自分でシャウトして集めちゃうタイプなんですが、前提条件(練習とか初心者初見でもとか)入れて募集する事が多いので、そういうデリケートな部分どうなっているのか気になりますが。
Community テーマ - FINAL FANTASY XIV  ジャンル - オンラインゲーム

【FFXIV】第6回プロデューサーレターLIVE Q&A 後編


Edit Category FFXIV新生エオルゼア > プロデューサーレター Tagged  FFXIV新生エオルゼア 
FINAL FANTASY XIV 新生エオルゼア

4月4日に行われたプロデューサレターライヴでの新生FFXIVについてのQ&Aです。(後編)

原文はコチラ
第6回プロデューサーレターLIVE Q&A (2013/4/4)


Q:コレクターズエディションに関する情報をもう少し教えてください。

A:コレクターズエディションには、インゲームアイテムがついているかも・・・?
旧FFXIVのコレクターズエディションを購入していただいた方に対しては、不公平感が無いように何らかの対応を行わせていただくことを考えています。こちらについては続報をお待ちください。


Q:「蘇る古の武器」のクエストについて、新生FFXIVでは仕様が変更されますか?また、変更される場合、旧FFXIVで進行途中だった場合、続きからプレイできますか?

A:内容は少し簡単に変更する予定ですが、進行状態は保存していますし、無駄にならないようにはしています。


Q:前回のプロデューサーレターLIVEで公開されたPvP専用装備は、顔の部分がガバッと開くと仰ってましたが、同じように白魔道士のアーティファクト装備でフードを被ったり、戦士のアーティファクト装備で仮面の部分を開閉できるようになりますか?

A:なります!・・・が、フードは無理です。ごめんなさい。


Q:魔導アーマーのカスタマイズ、カラーリング変更はできますか?

A:カスタマイズ、カラーリングの変更はできるように作っています。
なお、チョコボや魔導アーマーで遊ぶコンテンツの実装も考えています。


Q:魔導アーマーの映像中に流れた曲はゲーム中で聴けるようになるのでしょうか。

A:ゲームの場面があって、それにあう曲を製作するという流れが本来の姿なのですが、開発ブログで魔導アーマーの画像を公開した日に、某サウンドディレクターから「勢いで作った反省はしていない」という言葉がですね。。。発注している曲ではなかったため、もし今後、その曲がピッタリあうような場面があれば、使っていきたいとは思います。


Q:4vs4、8vs8のPvPのコロセウムなどでもコンテンツファインダーを使用できますか?

A:マッチングがあるということは!・・・利用できます。
2013040404.jpg2013040405.jpg2013040406.jpg
新たなコロセウム装備

※コロセウムは天下一武道会のイメージ。参加でポイントを貯めてコロセウム装備を取得したり、コロセウム専用スキルやアビリティを取得したり出来るとの事。

Q:イフリートやモーグリ、ガルーダなどの蛮神との戦闘は、新生FFXIVではどういった戦闘になるか教えてください。

A:基本は、旧FFXIVとの戦闘をイメージしていただければ問題ないです。ただ、新生のバトルシステムにあわせた調整は行っていますし、シナリオともより密接にかかわるような形にはしています。


Q:ダンジョン内のモンスターや宝箱が出現する位置、道順、パズル要素などが毎回変わるランダム要素を入れる予定はありますか?

A:今のところは考えていませんが、ゆくゆくはネタとして無いわけではないと考えています。


Q:これまでのプロデューサーレターLIVEで様々なコンテンツの報酬装備が公開されていますが、報酬装備が豊富な中で、クラフターが作成した装備はどういった位置付けになるのでしょうか?

A:新生FFXIVではアイテムレベルというものが厳密に設定されています。このアイテムレベルはインスタンスダンジョンと密接な関係をもっています。
例えば蛮神装備を持って1つ上のインスタンスダンジョンに挑戦したとすると、その分アイテムレベルが高い装備が要求されることになるので、その分アイテム以外の部分の力が必要になってきてしまいます。クラフターにはこのアイテム以外の力の部分を補うことを1つの目標として活動してもらえればと思っています。ただ、コンテンツを攻略していくことで新しいレシピが開放されたりもするので、クラフターの方はより多方面で活躍することができると思います。
2013040407.jpg
報酬素材で作成したハウジングアイテム

Q:PvPは参加せず観戦だけすることは可能ですか?

A:PvPをしているプレイヤーのカメラをそのまま見るという企画はあるのですが、現状、ギリギリの状況で進行しているため、今後の機能として検討していきたいと思います。

なお、別件にはなりますが、ゲームの内容の動画を撮ってアップロードしたりすることは、著作権者に許可をとる必要があります。しかし、昨今の状況も考慮すると、ゲームのプレイ動画は身近な存在になっていますし、新生FFXIVでは、曲やボイスなども含めて、関係者の皆さんにご協力いただいて、権利問題をクリアにしました。

もちろん、新生FFXIVの素材ではない素材を使用したりするとNGになりますし、新生FFXIVの素材であれば何してもよいということではありませんが、新生FFXIVローンチ後には、公式にプレイ動画などを作成していただいて、それを楽しんでもらえるようなことを目標にしていきたいと思います。詳しくは追ってご連絡します。

※βテスト中は守秘義務がありますのでダメです。


Q:新生FFXIVへのキャラ引き継ぎ時の容姿変更について、新生FFXIVローンチ時の1回のみとなるのか、それともβテストフェーズ4の段階でも可能となるのか、あるいは両方で可能となるのか教えてください。

A:新生FFXIVのローンチ時からの予定です。


Q:The Lodestoneはいつ頃、新生版に切り替わるのでしょうか?

A:βテストフェーズ3から4の間ぐらいで、設置すると思います。


Q:レガシープレイヤーのスタッフロールの件はどうなってますか?

A:来週中には受付ページを公開できると思いますので、もう少々お待ちください。


Q:選択した守護神が与える影響について、旧FFXIVでの種族差のように微々たるものと考えていいのでしょうか?

A:はい。微々たるものです。


Q:同一アカウント内のキャラクター間におけるアイテムの移動方法や、移動できるアイテムの種類について教えてください。

A:同一アカウント内のアイテムの移動は出来るように作っていますが、ローンチからしばらくの間はこの機能はマスクした状態にすることを予定しています。しばらくの間運営を行って、機能を開放しても問題がないと判断できた際に開放を行おうと考えています。


Q:列車や船、飛空艇は決まった運行ダイヤに沿って発着しますか?また飛空艇に乗ってる時は、エオルゼアを空から眺めることはできますか?

A:こちらの部分に関しては、基本的に旧FFXIVと同じであるため、残念ですが上空から眺めるといったことは出来ません。


Q:装備の試着機能の実装予定はありますか?

A:ローンチ時には間に合いませんのでその後にはなりますが、実装予定はあります。


Q:性別を変更できるようになる場合、耐熱装備などの性別限定装備は交換してもらえますか?

A:データ引継ぎのことと関連する部分ではあるため、こちらの件についてはどのように対応を行うかの部分から検討を行っていきます。


Q:ギルドファインダー(LSファインダー)のようなゲーム内で、簡単に自分の目的にあったLSが探せるような物は作る予定はありますか?

A:質問いただいたような機能は、TheLodestone側に実装しているため、まずはこちらの方を利用していただきたいと考えています。


Q:ゲーム内から直接モンスターやアイテムの性能を調べることができる機能を実装する予定はありますか?

A:ないです。スマートフォンでのアプリなどを検討しているので、そちらでみていただければと思います。


Q:旧FFXIVでは戦闘を行っている地方によって、通常戦闘のBGMが変わるようになっていましたが、新生FFXIVでも同様にBGMが変わったりしますか?

A:今回は地域によって楽器のテーマを変えています。曲自体は同じですが、楽器が異なるので戦闘BGMは地域の特色が出るようになっていると思います。


Q:βテストフェーズ3では、PlayStation 3でのテストやウルダハ/グリダニアの解放などがありがますが、他にどんな要素が追加されますか?

A:フリーカンパニー、ギルドオーダー、F.A.T.E.の拡大、序盤のメインストーリー、ダンジョンをいくつか、などなど多く追加する予定です。


Q:アーマリーボード(仮称)の続報について、新しい情報がありましたら仕様などを詳しく教えてほしいです。

A:いろいろと伝えられる情報はないか考えたのですが、わかりやすさと便利さを天秤にかけて便利さを優先したため、なかなか説明が難しいところです。簡単なイメージとしては、一発マクロ切り替えのようなイメージですかね。。。βテストフェーズ3でテストしていただこうと思いますので、その際に実際に触っていただければと思います。


Q:F.A.T.E.以外で、オープンワールドなコンテンツは予定していますか?

A:オープンな遊びは全てF.A.T.E.に集約していますが、F.A.T.E.はただ戦うだけではなく色々な要素がありますので、ご期待ください。


Q:メテオ以外のリミットブレイクを実機で見せてほしいです!

A:βテストフェーズ3頃から使用できるようにはなるのですが、今これぞFF!というトレーラーを作っていますので、そちらをお待ちいただければなとは思います。


Q:クルザスとモードゥナは新生FFXIVではどんな感じになるのかを見せてほしいです。

A:新生FFXIVでは超高レベル帯として用意していて、第七霊災や戦場の跡やガレマール帝国の存在が色濃く感じられ、最前線だった土地といった雰囲気が感じられるようになっています。また、イシュガルドに近くなってきたりすると、天候が激減して雪に覆われていたり、イシュガルドといえばドラゴンの存在が感じられますが、そのあたりがダンジョンに反映されていたりするものもあります。今後、動画などで公開していきたいと思います。


Q:リンクシェルやフリーカンパニーのクレストについて、以前パーツを組み合わせて自由にデザインできるといった発言がありましたが、どういったパーツが用意されるか見せてほしいです。

A: (画像をお見せしました)
2013040401.jpg2013040402.jpg2013040403.jpg


最後に2013年4月27日(土)、4月28日(日)千葉県・幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議2」の案内がありました。
20130404012.jpg
20130404011.jpg
20130404010.jpg

ここから飛び降りてた!
2013040409.jpg

以上!


Community テーマ - FINAL FANTASY XIV  ジャンル - オンラインゲーム

【FFXIV】第6回プロデューサーレターLIVE Q&A 前編


Edit Category FFXIV新生エオルゼア > プロデューサーレター Tagged  FFXIV新生エオルゼア 
FINAL FANTASY XIV 新生エオルゼア

4月4日に行われたプロデューサレターライヴでの新生FFXIVについてのQ&Aです。
色々興味深い内容です。
動画とQ&Aをまとめたものは後日公開されるそうですが、とりあえずフォーラムにあったもの貼ってみました。

原文はコチラ
第6回プロデューサーレターLIVE Q&A (2013/4/4)

Q:ハウジングを利用することで、どういったボーナスを得られますか?

A:タワーと呼ばれるアイテムを家に設置すると、例えば所有者、共同所有者などにEXPにボーナスがあるとか、ギルの獲得率がアップするといったようなボーナスが発生したりします。


Q:ハウジングの土地の権利書は、バザーなどで売買することはできますか?

A:はい。売買以外に、トレードをすることも可能です。


Q:ハウジングで、土地と家はリムサ・ロミンサに本宅、グリダニアとウルダハに別邸といったように複数所有することは可能ですか?

A:負荷状況次第にはなりますが、負荷に問題がなさそうであれば、複数所持も可能にしていきたいとは考えています。
20130404013.jpg
リムサロミンサのハウジングの庭からの眺め!

Q:少しでいいので、巴術士や召喚士がスキルを使っている動画を見せてほしいです。

A:βテストフェーズ3実施の前くらいの時期からしっかりと情報をだしていく予定ですので、もうしばらくお待ちください。


Q:前回のレターライブで召喚士はローンチに間に合わせますとのことでしたが、オープンβテストで巴術士でプレイすることは可能になりますか?

A:オープンβテストでは間に合わないと思います。動画などで、適宜情報を公開していきたいと思います。


Q:両手剣の実装は予定していますか?

A:何かしらのクラスやジョブの追加のタイミングで実装したいと考えています。


Q:大迷宮バハムートやクリスタルタワーで入手できる武器について、蛮神武器やレリックと比較して、どれぐらいの強さを想定していますか?

A:蛮神戦で入手できる武器を装備してクリスタルタワーに挑み、クリスタルタワーで入手できる装備で身を固めて、大迷宮バハムートに挑む設計にしています。そのため、武器や防具の強さもその順番になっています。なお、蛮神戦では武器が多かったですが、(画像をお見せしつつ)鎧なども作成しています。


Q:旧FFXIVの「カストルム・ノヴム」や「シュポシェの霊窟」など、フィールドと地続きになっていて、パーティを編成していなくても入ることができるダンジョンは一切廃止となるのでしょうか?

A:ダンジョンと呼んでいるものは全てインスタンスダンジョンになりますが、旧FFXIVに存在していたダンジョンの全てがインスタンスダンジョンになっているというわけではありません。中にはF.A.T.E.で登場したりするものもあるようです。


Q:新生FFXIVでは、黒衣森とザナラーンの間あたりに位置する「パガルザン」など、旧FFXIVではたどり着くことができず、名称のみ登場していたエリアの補完は行われますか?

A:いける場所もあればいけない場所もあります。ただ、新生FFXIVローンチ時にはいけなくても、その後のバージョンアップなどで、できる限りの補完をしていこうとは考えています。


Q:新生FFXIVでの天候について、どういった天候が用意されているか、また天候がゲーム内にもたらす影響など、詳細を教えてください。

A:快晴、曇り、晴れ、雨、地域毎に特殊な天候(砂嵐や吹雪など)を用意していて、天候は釣りに大きな影響を与える予定です。


Q:もうちょっと高い視点から天候を見せてください。

A:ここでは実機の映像を用いて解説しました。


Q:新生FFXIVにおける「ジョブ」と「クラス」の違いについて教えてください。

A:旧FFXIVと比べて、ジョブがクラスよりも上位に位置するような形になっていますが、ソロでレベリングをやったりするようなときはクラスのほうが、パーティでコンテンツなどに参加するときはジョブの方が使いやすいかなとは思います。


Q:リムサ・ロミンサで注目してほしい見所はありますか?

A:オープンテラスが結構ありますし、生活観、開放感といったところは、他の国よりも感じられるとは思います。また、移動に時間がかかっていた部分も変更していて、都市内転送網もしっかり設置しています。
2013040408.jpg
リムサロミンサから見える帝国拠点!?

Q:新生FFXIVローンチ時にインスタンスダンジョンはどのくらいの数が実装されますか?

A:大きいものも全て含めて16~18くらいは実装する予定です。


Q:事前に天候を知れる仕組みはありますか?
(天候は釣りに大きな影響を与える予定というコメントに対して、ツイッターからの質問について)

A:それは確かにあったらいいかもしれないですね。担当に伝えておきます!


Q:前回の放送で新生のマテリアシステムが大幅に変更になるとのことでしたが、具体的にどのようになるか教えてください。

A:新生FFXIVの装備にはソケットという概念があり、ソケットの数だけ失敗せずにマテリアをはめることが出来ます。ソケット以上のマテリアをはめようとすることを禁断と呼びますが、新生FFXIVからは禁断を行って失敗しても、禁断を行った装備品は消失しなくなります。旧FFXIVでマテリガを複数はめた禁断を行っている装備に関しては、不公平感が生まれないようになんらかの対応を行うことを考えています。こちらは今後の続報をお待ちください。


Q:バディシステムのチョコボと一緒にインスタンスダンジョンに行く事は可能でしょうか?

A:まずはプレイヤー同士でインスタンスダンジョンにいってもらいたいので新生FFXIVローンチ時にはバディと一緒にいくことはできませんが、段階を踏んで開放していくことを考えています。


Q:バディシステムのチョコボは、タンクやキャスターなどのタイプがあるとのことですが、詳しい仕組みを教えてください。

A:最終的な仕様では、プレイヤーがアーマリーシステムということもあり、チョコボのレベルはチョコボの主人のレベルにあわせる形としました。チョコボが成長していくとポイントを取得することができ、そのポイントを使用して、スキルを入手することができます。アタッカーのスキルをとればアタッカー向きになりますし、ヒーラーのスキルをとればヒーラー向きになります。
なお、タンクやキャスターといったロールは、いつでも変更することが可能です。

もう1点お知らせがあります。これまで、チョコボの装備をいくつもお見せしてきましたが、チョコボの装備はオシャレのみで選んでいただくこととしました。チョコボの装備にパラメータを設定すると、同じ装備ばかりになってしまうことが考えられたため、一切パラメータを設定しないこととしました。チョコボの装備は見た目で選んで、チョコボを可愛がっていたければと思います。


Q:巴術士ギルドはどうなりましたか?

A:(実機の映像をお見せしました)


Q:ハウジング用の家具や調度品を製作できるようになりますか?

A:はい。作れるものをたくさん計画しています。
Community テーマ - FINAL FANTASY XIV  ジャンル - オンラインゲーム

【FFXIV】第6回 PレターLIVE、ニコニコ超会議2、BGMなど


Edit Category FFXIV新生エオルゼア > プロデューサーレター Tagged  FFXIV新生エオルゼア 
FINAL FANTASY XIV 新生エオルゼア

「第6回 FFXIVプロデューサーレターLIVE」放送決定!

2013年04月4日(木)20:00頃より

YouTube Liveにてβテストと正式サービスの質問応答
Twitter(@FF_XIV_JP)ハッシュタグ「#XIVLive」でも質問の募集とその場で回答をして下さるそうです。

でもプロデューサーLIVEって、前日の試験放送が前座的でかなり面白かったりするので、試験放送の視聴もお勧めしますw(前回はその前座でベンチマークの情報がポロリになってたという)

ニコニコ超会議2に新生FFXIV参加決定!

以下Lodestoneより引用

2013年4月27日(土)、4月28日(日)に千葉県・幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議2」のマイクロソフトのブースが新生FFXIV一色に!
ステージイベントには吉田Pが登場し、さらにサウンドディレクターの祖堅や、豪華ゲストが参加するとかしないとか……。
気になる内容は、4月4日(木)放送予定の第6回FFXIVプロデュサーレターLIVEでお伝えします。

マイクロソフトのブースで新生FF14の紹介となると、Windows8絡みなのかな?
ニコニコ超会議2自体にはスクエニのロゴもFFXIVのロゴもなかったので、OSがらみそう
タッチパネル対応にもしているようですしね。
詳細は4月4日のプロデューサーライブ待ち

その他では新生FF14のサウンドディレクターの祖堅さんが新生FF14で使用されるサウンドを開発ブログに掲載

FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn - Beta BGM Preview (Ul'dah)


FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn - Beta BGM Preview (Limsa Lominsa)


FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn - Beta BGM Preview (Gridania)


FF14のウルダハ、リムサロミンサ、グリダニア3つの国のBGMだそうです。
βバージョンらしいですが旋律が凄くわかりやすいので気に入ってますw

旧版ではウルダハのフィールドのBGM凄くよかったんですよね。
新生版でもフィールドのBGMはどんな風になるのか楽しみです。

で、このプロデューサーLIVEの試験放送、ニコニコ超会議2に出演される祖堅さんはかなりエンターティメントがある方で毎回楽しみだったりします。
ニーハイソックスとからあげクンが好きというサウンドディレクター
ツイッターもされているのですが、忙しい中ツイートを返して下さる親しみやすい方でもある。
深夜のツイートが多いので、新生版の開発のハードさが垣間見えるという。

あとコネクトオンの5月号の吉田Pと祖堅さんのインタビュー記事凄く面白かったのでお勧めw
新生FF14の新情報ではなくてサウンドの裏話的なものと祖堅さんのニーソファン歴とかでしたがw

海外メディアのインタビュー動画その2
JP GAMES.DE
Final Fantasy XIV: A Realm Reborn - DE/ENG Interview mit Naoki Yoshida (18. Februar 2013)

新生FF14のリミッドブレイクの説明とバトルのコンセプト、コンテンツファインダー他など吉田Pが説明してます。(10分ほどの動画)
質問の内容は日本語じゃないですが、吉田Pは日本語で返答しているので、だいたい聞かれている事はわかる。
日本の記事で読むより判り易いかも?
Community テーマ - FINAL FANTASY XIV  ジャンル - オンラインゲーム
 
11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10 12


 
 
PickupCategory
新生FFXIV PSO2 旧FFXIV TERA
C9 くろネコONLINE Dorangon Nest AION
HELLGATE
FFXIV Rusty Hearts βテスト,他ネトゲetc
FINAL FANTASY XIV 新生エオルゼア
αテスターから参加中。レガシー
ArcheAge/アサシン,開拓者@遠征隊長
PhantasyStarOnline2
ヒューマンハンターとニューマンフォースやってました。
FINAL FANTASY XIV 1.0
CBTPhase2テスターから。新生に向けて復帰
TERA TheExiledRealm of Arborea
CBTよりソサラ、プリ、エレ
Continent of the Ninth
αテストから。アルソニスト@ポーツ鯖
Dorangon Nest/ジャッジプリ@ネルウィン鯖
ネコと勇者(クロニア)くろネコONLINE改
雷系プリースト
The Tower of AION/チャント@ネザカン魔
HELLGATE/サモナー
FINAL FANTASY XI
外人混合HNMLSで吟遊詩人でした。
Rusty Hearts/チュード@グリモア鯖
βテスト,他ネトゲetc/βテストレポート等
 
 
新生FFXIV 開発BLOG
"CRYSTAL'S CALL"
 
ArcheAge
"ArcheAge Trailer"
 
Didier Merah Japan
Forever Dad
Improv Sketch 2012.09.29
 
お気に入りBLOG
 
 
 
■@enako_Style on Twitter
 
TagCloud

 
 
ブロとも申請フォーム
 
pictlayer
 
PROFILE
@えなこ(enako)
趣味:おいしいモノを探すこと!
いろんなネトゲをちょこちょこやるのが好きかも。
@enako Style on Twitter
情報は自称ネトゲライフワーカーの相方が持ってくるようだ。
 FINAL FANTASY XIV LEGACY

ArcheAge

C9(Continent of the Ninth)

TERA TheExiledRealm of Arborea

ねとげ歴:
Ultima Online
EverQuest
FINAL FANTASY XI
Ragnarok Online
PhantasyStarOnline
大航海時代Online
三国志Online
MonsterHunter Frontier Online
スカッとゴルフパンヤ
R2-Reunion-
PRIUS ONLINE
The Tower of AION
Valkyrie Sky
DragonMaster
81Keys
Dragon Nest
HELLGATE
DivineSoul
LINEAGE II
ネコと勇者(クロニア)くろネコONLINE改
KAROS ONLINE
SEVENSOULS/Martial Empires
Magic: The Gathering - Tactics
Continent of the Ninth
TERA TheExiledRealm of Arborea
FINAL FANTASY XIV
PHANTASY STAR ONLINE2
Rusty Hearts
ファイターズクラブ
Fish Hunt 世界を釣れ!
Legend of Souls


TERA TheExiledRealm of Arborea
The 2nd TERA LEADER

 Dragon Nest@Nerwin

 HELLGATE

 The Tower of AION
 チャントウィング@魔族Nezakan
 FINAL FANTASY XI

 FINAL FANTASY XIV@Trabia

 
CATEGORY
 
ARCHIVE
 
環境
 Prime Galleria XG
 Intel Core i7-2700K
 16GB DDR3 SDRAM
 NVIDIA GeForce GTX580 3GB
 64bit Windows7 Home Premium
 
 
著作権について
*当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標もしくは商標です。利用している画像及びデータは各社に帰属します。許可なく画像やデータの転用はできません*
© Sun Ground., Ltd./Vector Inc., All rights Reserved.
Copyright © 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
© Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
© KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
© CAPCOM Co., Ltd. All rights reserved.
The Tower of AION(TM)is a trademark of NCsoft Corporation. Copyright c 2009 NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION (TM) in Japan. All rights reserved.
Published by NHN Japan Corp.
Copyright © EYEDENTITY GAMES Inc. All Rights Reserved. "HELLGATE" COPYRIGHT c2010 HANBITSOFT INC. All Rights Reserved. DEVELOPED BY T3 ENTERTAINMENT Co., LTD. PUBLISHED BY HANBIT UBIQUITOUS ENTERTAINMENT INC.
Copyright © GamePrix. All Rights Reserved.
© 2011 OUTSPARK.com. All Rights Reserved.
KAROS ONLINE © GALAXYGATE CO., LTD. PUBLISHED BY NHN CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.
Copyright © OE Entertainment Co., Ltd. All Rights Reserved.
2011 Copyright © GalaxyGate Corporation. All Rights Reserved.
© WEBZEN, Inc. All Rights Reserved. Licensed to © GameOn Co., Ltd.
"TERA"and"TERA:The Exiled Realm of Arborea" are trademark of Bluehole Studio Inc.
Copyright © Bluehole Studio Inc. All Rights Reserved.
Published by NHN Japan Corp.
© SEGA PHANTASY STAR ONLINE 2
© SEGA © WindySoft Co., Ltd. All rights reserved. Developed by Stairway Games.
© NEOWIZ GAMES. ALL RIGHTS RESERVED. © JUSTNINE entertainment. All rights reserved. © GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved. Copyright © XLGAMES Inc. All rights reserved. © GameOn Co., Ltd. All rights reserved.
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。